コラリッチEXの副作用や成分の毒性はなし!敏感肌は気を付けよう

コラリッチEXは副作用の心配はありません。

 

配合されている成分は全て安全性が確認されています。合成香料や着色料、パラベンなども含まれていません。

 

但し敏感肌の場合は事前に少量を腕に塗って、異変が現れないかどうかを確認してから本格的に使用するようにしましょう。

 

 

【お得!定期初回2,820円からスタート】

全額返金保証付きで安心♪

 

 

 

肌に優しいオールインワン美容ジェルクリーム

優しさにもこだわりました

 

コラリッチEXはあなたの大切な肌を守るために、添加物にも気を配って作られています。

 

肌に刺激を与える香料や着色料、鉱物油、パラベンは一切使用していません。

 

コラリッチEXは肌に優しいジェルクリームなので、安心して使用して下さい。

 

参考までに上記の添加物にはどのような危険性があるのかをみていきましょう。

 

 

合成香料の危険性

 

合成香料は香りを付けるために使用されます。

 

原油から抽出されるエチレンやアセチレン、精油を分離させて抽出されるテルペン化合物、油脂から抽出される脂肪酸などが大半を占めています。

 

これらの原料を利用して化学反応を起こすことで製造されます。

 

合成香料を毎日使い続けることで、アトピーや喘息の原因になると指摘されています。

 

また、香りが強過ぎる場合は頭痛や吐き気などを催すこともあります。

 

 

合成着色料の危険性

 

石油やタールなどから合成されるタール系色素が一般的です。

 

化粧品のテクスチャーにキレイな色づけをする目的で使用されています。

 

青色○号や赤色×号などと記載されている成分だと言えば分かりやすいと思います。

 

合成着色量の中には発がん性の危険があると指摘されている成分も存在しています。

 

また、日本国内では使用が許可されていますが、海外では禁止されている成分もあります。

 

 

鉱物油の危険性

 

ワセリンや流動パラフィンなどの石油から精製される油のことです。

 

化粧品の保存期間を長くしたり、テクスチャーの色落ちを防ぐために使用されています。

 

不純物が混入するなどの質が悪い鉱物油を使用した際に、シミなどの色素沈着を起こす恐れがあります。

 

最近は技術の進歩によって質の高い鉱物油が精製できるようになったため、安全性は高いと言えます。

 

 

パラベンの危険性

 

成分表示欄にはパラオキシ安息香酸エステルやメチルパラベン、エチルパラベン、プロピルパラベン、ブチルパラベンなどと記載されています。

 

優れた抗菌作用があるため、防腐剤として使用されることが多いです。

 

使用量を守れば安全だと言われていますが、中には接触性皮膚炎を起こしたケースも報告されています。

 

その他にも抗菌力が強過ぎるため、大切な常在菌まで殺してしまうデメリットもあります。

 

 

 

安心!アレルギーテスト済みです

成分の検査風景

 

コラリッチEXではより安全性を高めるために、アレルギーテストを実施しています。

 

もちろん個人差があるので、全ての方々にアレルギーの症状が現れないという保証はありませんが、事前にアレルギーテストを実施している点は安心できますね。

 

スキンケア化粧品におけるアレルギーテストとしては、パッチテストが挙げられます。

 

【パッチテストの方法】
パッチテストは、対象製品のテクスチャーを塗ったシートを皮膚に48時間貼布して、皮膚の刺激反応やアレルギー反応を判定します。

 

48時間後にシートを剥がして、皮膚に異常が現れなければ問題なしと判断されます。

 

 

敏感肌の場合は事前にパッチテストをしよう

 

コラリッチEXは肌に優しいスキンケア化粧品です。

 

添加物を極力排除して製造していて、アレルギーテストも実施していますが、肌への反応には個人差があります。

 

もしあなたが敏感肌だと自覚している場合は、念のためにパッチテストを実施してから使用するようにしましょう。

 

上記でパッチテストの方法を紹介していますが、自宅で実施する場合はもっと簡単な方法でオッケーです。

 

朝に皮膚の薄い部分(腕の内側など)に少量のコラリッチEXを塗布して、夜まで放置します。

 

お風呂に入る時間帯までに皮膚に異常が現れなければ大丈夫です。

 

入浴後から、コラリッチEXを本格的に使ってお手入れをして下さい。

 

もし、湿疹や赤み、痒みなどの症状が現れた場合はコラリッチEXの使用は控えて、医師の診断を受けることをおすすめします。

 

 

【お得!定期初回2,820円からスタート】

全額返金保証付きで安心♪

 

 

 

配合成分の副作用・毒性の有無

年齢サインに働きかける選りすぐりの美容成分を配合

 

コラリッチEXに配合されている成分は全て安全性が確認されています。

 

安心して使用して下さい。

 

ここからは主な配合成分における副作用や毒性の有無に関して解説していきます。

 

配合成分の安全性について詳しく知りたい場合はぜひ参考にして下さい。

 

 

加水分解コラーゲンの副作用の有無

 

水溶性のコラーゲンを加水分解して抽出されるコラーゲンペプチドやコラーゲントリペプチドのことです。

 

コラーゲンは分子サイズが大きいので、肌への浸透力は低いです。

 

そこで加水分解をすることによって、肌への浸透力が高まるメリットがあります。

 

長年の使用実績があり、皮膚刺激性や皮膚感作性もほとんどなく、安全な成分だと言えます。

 

<検証試験>

60人名の被験者(健康な皮膚50名、アレルギーを持っている皮膚10名)を対象にした安全性試験が実施されました。

 

各被験者の左前腕に30%ブタ由来加水分解コラーゲンが配合されている水溶液0.5mLを24時間にわたる閉塞パッチを適用しました。

 

被験者の皮膚刺激性を評価したところ、全員が無刺激だったと報告されています。

 

【参考文献】
「Safety Assessment of Skin and Connective Tissue-Derived Proteins and Peptides as Used in Cosmetics」Final Report. Cosmetic Ingredient Review(2017)

 

 

加水分解ヒアルロン酸の副作用の有無をチェック

 

ヒアルロン酸Naを加水分解して、分子量を1万以下に低分子化させたヒアルロン酸のことです。

 

上記の加水分解コラーゲンと同様に、肌への浸透力を高めるために低分子化をしています。

 

加水分解ヒアルロン酸は長年の使用実績があり、皮膚刺激性や皮膚感作性もほとんど報告されていないため、安全な成分だと判断できます。

 

キユーピー株式会社が実施した加水分解ヒアルロン酸の安全性試験でも、安全性が確認されています。

 

<検証試験>

被験者に対して加水分解ヒアルロン酸(1%含有)溶液を使用したパッチテストが実施されました。

 

その結果、皮膚刺激性や皮膚の異常は確認されませんでした。

 

【参考文献】
「ヒアロオリゴ」技術資料 キユーピー株式会社(2016)

 

 

エラスチンの副作用の有無

 

エラスチンは魚介類などから抽出される成分です。

 

私たち人間の身体にも存在していて、血管や皮膚、靭帯などにある弾力繊維です。

 

エラスチンは10年以上の使用実績があり、皮膚刺激性や眼刺激性、皮膚感作性に関してもほとんど報告されていません。

 

<検証試験>

正常なヒト表皮角化細胞から再構築された3次元培養表皮モデル(Irritection Dermal model)を用いて、エラスチンの皮膚刺激性の安全試験が行われました。

 

角層表面に加水分解エラスチン(25%,50%,75%,100%含有)を125μLで処理したところ、皮膚刺激性は予測されなかったと記載されています。

 

【参考文献】
「Safety Assessment of Skin and Connective Tissue-Derived Proteins and Peptides as Used in Cosmetics」Final Report. Cosmetic Ingredient Review(2017)

 

 

スクワランの副作用の有無

 

スクワランは深海ザメやオリーブ果実、コメヌカ油から抽出したスクアレンから作られます。

 

スキンケア化粧品の場合は、テクスチャーの感触を良くするために使用されるケースが多いですね。

 

安全性に関してはしっかりと確認されていて、皮膚刺激性や眼刺激性、皮膚感作性の報告はほとんどありません。

 

<検証試験>

103名の被験者に対してスクワラン(16.8%)を含むクリームを塗布するHRIPT(皮膚刺激&感作試験)を実施したところ、どの被験者においても皮膚刺激性や皮膚感作性は確認されませんでした。

 

【参考文献】
「Final Report on the Safety Assessment of Squalane and Squalene」International Journal of Toxicology(1)(2) Cosmetic Ingredient Review(1990)

 

 

プロテオグリカンの副作用の有無

 

プロテオグリカンは鮭(サケ)の氷頭(ひず)という鼻軟骨から抽出されるコアタンパク質に1本以上のグリコサミノグリカン(酸性ムコ多糖)が結合している水溶性の複合糖質です。

 

スキンケア化粧品では主に保湿作用の目的で配合されています。

 

安全性に関する詳しいデータは存在しませんが、鮭の鼻軟骨から抽出される成分である点や、皮膚刺激性・皮膚感作性の報告もないことから安全だと判断できます。

 

 

シアバターの副作用の有無

 

シアバターはアカテツ科に分類されるシアバターノキの種子から抽出される油脂のことです。

 

コラリッチEXでは肌を保護したり、潤いを与えるために配合されています。

 

シアバターは長年使われている成分というだけでなく、皮膚刺激性や眼刺激性、皮膚感作性に関しても報告されていません

 

<検証試験>

109名の被験者に対して、シア脂(45%含有)を配合されているボディクリームを塗布するHRIPT(皮膚刺激&感作試験)を実施しました。

 

全ての被験者に皮膚刺激性や皮膚感作性は確認されませんでした。

 

【参考文献】
Clinical Research Laboratories,2004

 

 

【お得!定期初回2,820円からスタート】

全額返金保証付きで安心♪

 

 

 

美容成分以外の安全性を検証します

チェックマーク

 

コラリッチEXには美容成分以外の成分も配合されています。

 

全ての成分を紹介するわけにはいかないので、ここでは気になる成分をいくつかピックアップして解説します。

 

 

BGの副作用の有無

 

BGとは、アセトアルデヒドのアルドール縮合物に水素を添加して抽出される多価アルコールです。

 

保湿作用やテクスチャーの品質を安定化させるために配合されています。

 

BGは長年の使用実績があり、皮膚刺激性や眼刺激性、皮膚感作性もほとんどないため、安全性が高い成分だと言えます。

 

<検証試験>

200名(男性80人、女性120人)のボランティアを対象にしたBGの安全性試験が実施されています。

 

50%ブチレングリコール(BG)水溶液0.9mLを二の腕に24時間閉塞パッチテストを週に3回にわたって合計15回行いました。

 

さらに2週間の休息をはさみ24時間の閉塞パッチを行ったところ、どの被験者においても皮膚刺激性の反応は確認されませんでした。

 

【参考文献】
「Final Report on the Safety Assessment of Butylene Glycol Hexylene Glycol Ethoxydiglycol and Dipropylene Glycol」International Journal of Toxicology(4)(5), Cosmetic Ingredient Review(1985)

 

 

 

ペンチレングリコールの副作用の有無

 

ペンチレングリコールとは、多価アルコールの一種のアルカンジオールのことです。

 

コラリッチEXでは皮膚の表面を柔らかくしたり、抗菌・防腐作用によって、品質を安定させるために配合されています。

 

ペンチレングリコールの副作用に関しては問題ありません。

 

化粧品の配合量が守られている場合は皮膚の刺激性や皮膚感作性も報告されていないので、安心して下さい。

 

マンダムがペンチレングリコールの安全性に関する検証試験を実施しています。

 

<検証試験>

70名の被験者の中から皮膚刺激の感受性が高い7名を選び、この7名の頬部分にペンチレングリコールを配合した製品とパラベンを配合した製品を塗布して、皮膚の刺激性を測定しました。

 

皮膚刺激性をマンダム独自の皮膚刺激スコア(1.0を閾値として刺激性が強いと判定)で評価しました。

 

パラベンを配合した製品が1.3であったのに対して、ペンチレングリコールを配合した製品は0.4を記録していて、ほとんど皮膚刺激性なしと判断されました。

 

【参考文献】
マンダムによる独自技術保湿成分[アルカンジオール]の抗菌性を応用した防腐剤フリー(無添加)処方の化粧品を実現

 

 

エタノールの副作用の有無

 

エタノールは石油由来のエチレンから合成して作られる一価アルコールです。

 

抗菌・防腐作用に優れているため、テクスチャーの品質を安定させるために配合されています。

 

長年の使用実績があり、皮膚刺激性や皮膚感作性もほとんどありません。

 

但し皮膚バリアが低下している場合や皮膚炎を起こしている場合は、痒みや湿疹、赤みなどの症状が現れる場合があります。

 

<検証試験>

東京医療保険大学大学院によって報告された内容によると、1982年から2008年までの間に日本人のエタノール接触皮膚障害は、接触蕁麻疹が38例、アレルギー性接触皮膚炎が18例、接触蕁麻疹とアレルギー性接触皮膚炎が2例、接触蕁麻疹と刺激性接触皮膚炎が1例ありました。

 

これらの大半はパッチ塗布5分後に紅斑が現れる即時型アレルギーで、一部で24〜72時間後にも紅斑が持続または増強する遅延型反応も確認されています。

 

【参考文献】
「エタノール接触皮膚障害症例と交差反応について」Journal of Healthcare-associated Infection(2), 遠藤 博久、他(2009)

 

 

 

マンニトールの副作用の有無

 

マンニトールとはグルコースのアルデヒド基を水酸基に還元して作られる水溶性の多価アルコールのことです。

 

スキンケア製品に配合する場合は、保湿作用やテクスチャーの退色防止などの目的で使われています。

 

マンニトールに対する詳しい安全性データが見当たりませんでした。

 

しかし、長年使用されている点や皮膚刺激性・皮膚感作性などの報告もないことから、副作用の心配はないと判断します。

 

 

(メタクリル酸エチルベタイン/アクリレーツ)コポリマーの副作用の有無

 

メタクリル酸エチルベタインとアクリレーツで構成されている水溶性の皮膜形成剤のことです。

 

スキンケア製品に使用される場合は、皮膜形成目的で配合されています。

 

目に添加した場合は軽い一過性の刺激を感じる恐れがありますが、皮膚の刺激性や感作性(アレルギー)の報告はありません。

 

コラリッチEXのように顔に塗る使い方の場合は、安心して使用することができます。

 

<検証試験>

被験者47名の上背部にアクリレーツコポリマー(25%含有)水溶液0.2mLを塗布して、皮膚反応を測定する実験が行われました。

 

週3回のペースで合計10回、24時間の半閉塞パッチを適用し、パッチを除去した24〜48時間後にスコアリングをしました。

 

さらに14日間の無処置期間をおいた後、背中の試験部位と未処置部位の前腕側に24時間のチャレンジパッチを適用しました。

 

パッチ除去した直後と24時間後にスコアリングしたところ、誘導期間とチャレンジ期間のいずれにおいても皮膚反応は確認されませんでした。

 

【参考文献】
Consumer Product Testing Co.,1996

 

 

⇒ カリスマ美容家IKKOもおすすめ「コラリッチEX」
コラリッチEX

 

page top